自走式土質改良機「リテラBZ210」によって
建設汚泥が“現場内”で
高品質な処理土に生まれ変わります。

12.5
2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。
12.5.1
各国の再生利用率、リサイクルされた物質のトン数。

01. ECONOMICAL産業廃棄物を現場の外に出さず再利用

地盤改良・埋設杭の汚泥が環境配慮商品になります。

自走式土質改良機 リテラBZ210を使用し、建設汚泥を現場内で中間処理して盛土材・埋め戻し材・土地造成などに再利用可能な高品質な処理土を生産します。
地盤改良材、セメント分を含んだ建設汚泥は、リテラBZ210で更に固化材を加えて撹拌することにより、埋め戻しがしやすい粒調になり締固め効果が高くなります。

埋戻し後の表層地盤改良が不要になることも埋め戻しの時に巻出し工法などで30cm毎程度に転圧することで地盤が強固となり、後工程の表層地盤改良などが不要になる場合もあります。

02. ECOLOGY汚泥の収集運搬作業を抑えてCO2を削減

現場内で建設汚泥をリサイクルすることでCO2の削減が可能です。

建設汚泥を場外運搬する必要がないため、近隣の交通安全や汚染拡散防止への効果はもちろん、運搬車輛より排出されるCO2の削減による環境負荷低減にもつながります。

場外処分の場合 現場内中間処理の場合
収集運搬
+
中間処理
+
販売
中間処理
(処理後の改良土は再利用)

03. EFFECTIVE行政許可取得済
現場ごとの届出が原則不要

現場で中間処理ができる許可を持った専門の会社が処理します。

移動式中間処理(造粒固化)の産業廃棄物処分業許可を保有している専門の会社が処理しますので、現場からの法的な届出は何も必要ありません。

固化材選定、添加量確認試験の事前試験を行います
六価クロムが溶出しない生石灰がお勧めですが、その他の固化材の各種試験も可能です。
土対法に基づく試験・日常管理のコーン試験の手配が可能です
中間処理土は土壌汚染対策法に基づき、土壌含有量試験、土壌溶出量試験を行い、問題がないことを確認して商品になります。コーン試験を地質会社に委託することも可能です。
マニュフェストへの情報を提供します
電子マニフェストを入力していただく際、必要な処理土の処理量・固化材添加量を自動記録し提出いたします。

行政許可取得済地区

リテラBZ210の特長

最大作業量を向上させ大規模工事で威力を発揮するGモード、
汚染土壌への薬剤混合などに効果を発揮するHモードなど
分野・土質に最適な混合性能を発揮します。処理能力150〜300㎥/日 (平均200㎥/日)

原料土投入

油圧ショベルにより、原料土を原料土ホッパ内へ投入。

原料土ホッパ

定量供給

かき出しロータによって、一定量の原料土を混合部へ供給。

かき出しロータ

固化材添加

作業量に応じて、設定した固化材を定量的に添加。

固化材フィーダ

1次切削混合

混合機に入った土を、ソイルカッタにより切削混合。

ソイルカッタ

2次衝撃混合

3軸大型ロータリハンマにより細粒化し、固化材と均一に混合。

ロータリハンマ

3次切削衝撃混合

アフタカッタにより、さらに細粒化混合。

アフタカッタ

排 出

排出高さ2.5mのロングベルトコンベアにより排出。

排出カバー

改良土

盛土材・埋め戻し材、土地造成などに再利用。

盛土材として再利用